Skip to content

フォトウエディングの前撮りはどれくらいのタイミングがおすすめ?

長く手元に残る結婚式の記念写真には、一生の思い出になるような素敵な写真を残しておきたいものですよね。

そのため式当日のスナップ写真だけでなく、式よりも前のタイミングで東京のフォトスタジオでプロのカメラマンに撮影をしてもらう前撮りをする人も多くいます。ここではおすすめの結婚式の前撮りのタイミングをご紹介します。

東京のフォトスタジオでの結婚式の前撮りとは

結婚の記念写真をフォトスタジオに依頼して撮影をしているカップルは多く、東京では半数以上の新郎新婦が当日のスナップ写真以外に、別撮りをおこなっています。別日なら、挙式当日と違う衣装で写真を撮影できます。また何かと忙しい挙式当日を避けることで、ゆっくりと落ち着いて撮影できるというのも、別日に写真を撮るメリットです。

しかし、結婚式の当日より前のタイミングで写真撮影をするカップルのほうが、挙式後に撮るカップルよりも多くいます。その理由はやはり、当日より前のタイミングで撮るほうが、挙式後に撮るよりもメリットがあるからです。結婚式の前撮りが後撮りよりも人気がある理由には、挙式当日の披露宴で流すプロフィールムービーをはじめとした映像演出に使うことができるということがあります。

ウェルカムボードにも写真を使うことが可能です。これらの理由もあって、結婚式よりも前のタイミングで記念になる写真を撮る人が多いのです。

一般的な結婚式の前撮りをするタイミング

せっかく結婚式の写真を撮るなら、当日の会場装飾や映像演出に写真を使うことが可能な、挙式前に撮るほうがメリットはありますが、その前撮りをするのはいつがよいのか、と迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

あまり早すぎるとブライダルエステに通う前になってしまうこともあり、直前になりすぎると忙しい中で撮影しなくてはならなくなってしまいます。東京では結婚式の前撮りをする人が最も多いのは挙式の3ヶ月程度前、その次に多いのは2ヶ月前ごろです。この頃であれば、余裕を持って撮ることができます。とはいえ、挙式まで1ヶ月を切ってから撮る人も結構いるものです。

挙式の3ヶ月より前の時期に前撮りをするカップルはそれほど多くありませんが、中には半年近くも前に撮影をしているカップルもいるので、人それぞれではあります。遠方から旅行を兼ねて東京を訪れ、ロケーション撮影をする場合には、旅行に都合の良いタイミングとなるので、早い時期に撮ることもあるでしょう。

余裕をもって前撮りをするのがおすすめ

このように結婚式の前撮りのタイミングは、それぞれのカップルによって違いがありますが、挙式当日の映像演出や会場の装飾などに写真を使いたい場合は、早めに準備をする必要があります。そのためあまり直前にならない段階で撮影をしておくのがおすすめです。少なくとも2週間から1ヶ月前までには仕上がるように用意しておくのがおすすめです。

東京のフォトスタジオに依頼してロケーションで撮影するなら、背景となる風景が美しい時期を選びたいと考える人もいるでしょう。4月や5月といった木々や花の自然が美しい季節は特に人気があります。しかし結婚式のタイミングによっては、撮りたい季節に合わせられない可能性もあるかもしれません。

真夏は白無垢・色打掛だと暑く、真冬は肌の露出が多いウェディングドレスは寒くて、ロケーション撮影どころではないかもしれません。屋外で撮影をしたい場合には、天候も考えてよいタイミングを選ぶ必要があるでしょう。

 

結婚式の前撮りのタイミングは、できるだけ余裕を持って撮影ができる時期がおすすめです。それぞれのカップルによって違いますが具体的には、3ヶ月前から1ヶ月前くらいの時期がよいでしょう。写真を挙式当日の演出に使うなら、直前になって慌てないようにするのがおすすめです。