Skip to content
公開日:2024/02/01  最終更新日:2023/09/12

男の子の七五三はいつ?成長を祝う特別な日に記念撮影をしよう


男の子の七五三は5歳が一般的なお祝いの年齢とされていますが、近年では3歳でもお祝いすることが増えています。この記事では、男の子も3歳で七五三を行うメリットや撮影のタイミングなど、子どもの成長を祝う特別な日をより素敵に彩る方法をお届けします。成長の節目を大切に祝福しましょう。

七五三を行う年齢は性別で異なる

七五三とは日本の伝統的な行事で子どもの成長を祝う特別な日です。通常、男の子は5歳のときに女の子は3歳と7歳のときに行われます。この特別な日には神社への参拝や家族での記念撮影が行われ、子どもたちの健やかな成長と未来への願いが込められます。近年では性別によらず3歳の子どもをお祝いするケースも増えており、多様なスタイルで七五三を楽しむことができます。

男の子の七五三は5歳だけじゃない

七五三のお祝いの年齢には厳密な決まりはありません。地域の風習やきょうだいの年齢・家庭の方針などにより違いがあり、とくに男の子の七五三は5歳だけでなく3歳や7歳で祝われることもあります。一般的に関東地区では5歳のみ、関西地区では3歳と5歳で2回お祝いすることが多いです。

3歳で七五三のお祝いをするメリット

男の子の七五三において、5歳の七五三と3歳の七五三ではそれぞれ異なる魅力があります。3歳の七五三では、まだあどけなさが残るかわいらしい姿を写真に残せるチャンスです。その一方で、5歳になると男の子らしさや凜々しさが際立ち、しっかりとポーズをとる姿が増えてきます。

七五三を3歳と5歳の2回行うことで、お子さまの成長をよりいっそう感じることができます。写真を通して成長を振り返る喜びは、家族の大切な宝物となることでしょう。家族の思い出をずっと大切にするために、男の子の七五三を通じて貴重な瞬間を記録してみましょう。

男の子の七五三記念撮影のタイミング

七五三のお祝いは通常11月15日とされていますが、必ずしもその日に行う必要はありません。まずは、お子さまの体調を最優先に考慮します。また、仕事の都合や神社の混雑を避けるため意図的に11月15日以外に参拝するケースも増えています。

七五三の記念撮影はスタジオで行われることが多いため、以下でスタジオで記念撮影をする際のポイントをお伝えします。

4月~6月の記念撮影

4月~6月はスタジオの予約に十分な余裕があり、のんびりとした雰囲気で撮影が楽しめます。また、夏前なので日焼けの心配もありませんが、お子さまの幼い雰囲気が残る記念撮影になることがあります。

7月~8月、9月~10月の記念撮影

7月や8月は夏休みのため平日にリーズナブルな価格で撮影できます。ただし、日焼けや汗に注意が必要です。一方で9月や10月は気候が良く、お参りに近いタイミングで撮影できますが予約が詰まることもあるため早めの予約がおすすめです。

11月以降の記念撮影

11月以降にお参りをしないで後撮りだけ行うことも可能です。神社と同様に9月~11月の七五三シーズンはスタジオも混雑し、希望の日程が埋まることがあるため、春夏の前撮りや12月以降の後撮りも考慮すると良いでしょう。お祝いの時期や撮影のタイミングは家族の都合に合わせて柔軟に調整することが大切です。

まとめ

この記事では、3歳で七五三のお祝いをする際のぞれぞれのメリットや撮影のタイミングを詳しく紹介しました。七五三は子どもの成長を感じることができる重要なイベントであると同時に、それを心から祝福するための素晴らしい機会となっています。写真を通じて子どもの成長を記録し、未来への願いを込めてお祝いしましょう。ぜひ家族全員で楽しい思い出を作りながら、大切な時間を過ごすための参考にしてみてください。