Skip to content

結婚記念日にはフォトスタジオで思い出を作ろう

結婚記念日にフォトスタジオで写真を撮る夫婦はどのくらいいるのでしょう。きっと子どもの写真はよく撮るけれど、自分たちのことになるとなかなか写真は撮らない、ましてフォトスタジオまでは行かないという夫婦も多いのではないでしょうか。

今回は、結婚記念日にフォトスタジオで写真を撮るとどんな良いことがあるのか考えてみましょう。

 

改めてパートナーに感謝する良いタイミングになる

あなたにとって、パートナーはどんな存在ですか?改めてそう問われると、返答に困ってしまうかもしれません。夫は一家の大黒柱としてなくてはならない存在と答える方もいるでしょうし、毎日当たり前のように寝食を共にしている空気のような存在、そう答える方もいるかもしれません。

子ども優先の日々で、そんなこと考えたこともないという奥様もきっといるでしょう。しかしどんな夫婦も、日々のスナップショット以外に、フォトスタジオで結婚記念日の写真を撮ろうとパートナーから誘われて嫌な気持ちになる人はいないのではないでしょうか。

そのように誘われて、少し面倒だと思ったとしても、照れくさい反面、自分という存在を大切にしてくれていると実感でき、改めてパートナーに感謝の気持ちが生まれるかもしれません。そして実際に撮影して綺麗な写真が仕上がり、部屋の片隅に飾ると、日々の生活の中で撮影した時のことや、その写真を撮ろうと誘われた日のことを思い出すかもしれません。

そしてその記憶は、改めて抱いた感謝の気持ちと結びついているはずです。そこまで細かく思い出さないとしても、ふと写真を見て暖かい気持ちになるでしょう。フォトスタジオで写真撮影をすると、そういった効果が期待できます。

 

子どもも一緒に撮影すると更に良い記念に

夫婦二人の結婚記念日ですが、子どもも一緒に撮影してはいかがでしょうか。子どもの成長は早いもので、年々身長も伸び、顔つきも変わっていきます。そんな子どもとの写真は、見返すととても嬉しい気持ちになりますし、夫婦だけの写真よりも、変化が付いて面白いです。

また、そういった写真は、子どもにとっても印象深いものになるはずです。そして大人になり、誰かと結婚した時、お父さんやお母さんのように結婚記念日に写真を撮りたいと思ってくれたら親は何だか嬉しい気持ちになりますし、子ども夫婦がそんな風に仲良くしてくれることは、親として何より幸せなことです。

同様に、自分たちが撮影した写真を、ご両親にプレゼントしてもきっと喜ばれるのではないでしょうか。夫婦二人だけの写真を両親にプレゼントするのは恥ずかしい場合でも、子どもが一緒に写っていれば、それを口実に親孝行できるのではないでしょうか。

 

大きな節目毎の撮影で重みのある写真を

毎年結婚記念日に撮影するのはちょっとという夫婦は、5年、10年といった節目ごとに撮影してはいかがでしょうか。アニバーサリーフォトの撮影について紹介しているフォトスタジオのチラシやインターネットサイトも多くありますね。

長年一緒に居ると、何か大きな出来事を共に乗り越えた経験をもつ夫婦が増えるのではないでしょうか。例えば出産や引っ越し、夫の転職や親族の冠婚葬祭等、様々な出来事が二人を取り巻き、それらを乗り越えて今があるはずなので、そういった気持ちを込めて撮影すると、また一段と重みのある素敵な写真に仕上がるのではないでしょうか。

また、そういった節目には、ジュエリー等、何か贈り物をする夫婦もいますよね。そういった贈り物も一緒に撮影すると、より素敵な写真に仕上がりそうです。

 

東京にはアニバーサリーフォトを撮影してくれるフォトスタジオがたくさんあります。つい日々の生活に追われて、感謝の気持ちを忘れがちになってしまう夫婦もいるかもしれません。

フォトスタジオでの結婚記念日の撮影を、改めて感謝の気持ちを伝える機会にしてはいかがでしょうか。