Skip to content
公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/16

成人式の写真撮影で一人撮影におすすめの写真サイズとは?

東京のフォトスタジオで成人式の写真撮影を考えている人は多いですが、一人で撮影した写真のサイズに悩む人は少なくありません。自分で写真サイズを決めることができるスタジオも多いのですが、大きいほうが良いのか小さいほうが良いのかわからず決めかねてしまう人が多いので、どちらにするか決めておくと良いでしょう。

成人式写真の撮影サイズは2種類から選べることが多い

東京のフォトスタジオで成人式の写真を撮影するとなると、男性の場合はそれほどプラン内容にこだわらないことが多いのですが、女性の場合は振袖という滅多に着ることがない衣装を着用するのでプランにこだわる人が多いです。

基本的なプランやセットの決定はあまり迷わない人が多いのですが、写真のサイズはどちらが良いのか分からずに迷ってしまう人が少なくありません。成人式用の写真撮影を行う場合は、四つ切りか六つ切りからサイズを選ぶことができる場合が多いです。

もちろんフォトスタジオで用意されているプランによっては両方お願いすることもできるのですが、どちらか一方で良いのであれば大きさを決めなければなりません。四つ切りはA4よりも少し大きいものであり、六つ切りはA5より少し大きいものであると認識しておけば良いでしょう。

これを知らなければ大きさをイメージすることができませんので、おおよそのサイズを理解しておくと大きさを選ぶ際に役立てることができます。

自分用は六つ切りサイズの写真がおすすめ

四つ切り写真や六つ切り写真は飾るための写真であると認識しておくと良いでしょう。玄関やリビングなどに飾られている記念写真を見たことがある人もいるかもしれませんが、このような場所に飾る場合は六つ切りがおすすめだと言えます。

せっかく綺麗な衣装を着て写真を撮ったのだから、なるべく大きいものを飾りたいと感じる人もいるかもしれませんが、四つ切りにしてしまうとスペースの問題で飾る場所が制限されてしまうことが多いです。自宅や自室に飾りたいと考えているのであれば、A5ほどの大きさの六つ切りタイプが最適だと言えるでしょう。

四つ切と比較すると小さいのではと不安になってしまう人もいるかもしれませんが、部屋がかなり広いなどの場合を除くと、一般的な部屋の大きさではこのサイズ感がちょうど良い場合が多いです。もしも自宅に飾ることを前提としているのであれば、飾る場所のことを考慮して六つ切りタイプを選択することがおすすめだと言えます。

成人式の写真をプレゼントする場合は四つ切りサイズがおすすめ

成人式の写真は普段とは違った晴れ着姿で撮影を行いますし、20歳という節目を迎えた記念の写真でもあるので、離れて暮らす両親や祖父母にプレゼントしたいと考える人も多いです。

大学などで家族と離れて生活しているのであれば、自分用だけではなく両親に飾ってもらうためのものや、普段なかなか会う機会がない祖父母にもプレゼントするためのものが欲しいと考えている人は少なくありません。自分の部屋などに飾る場合は大きいと感じることが多い四つ切り写真は、プレゼントにはピッタリなサイズだと言えます。

特におじいちゃんやおばあちゃんに見てもらうのであれば、大きめのサイズのほうがもっと喜んでもらえるはずです。少し大きすぎるかもしれないと感じる人もいるかもしれませんが、晴れ着姿をじっくりと見たいと考える両親や祖父母にはピッタリなサイズだと言うことができるでしょう。

東京のフォトスタジオで撮影した成人式の写真をプレゼントするのであれば四つ切りサイズを選択することをおすすめします。

 

東京のフォトスタジオで成人式の写真を撮影しようと考えている場合、サイズを選ぶことができるケースも少なくありません。基本的には四つ切りか六つ切りからサイズを選ぶことができるので、目的に応じて選択すると良いでしょう。