Skip to content

フォトスタジオでレンタル可能な衣装の種類とは

最近では、あらゆる記念日に対応したレンタル衣装が揃っているフォトスタジオの広告を目にすることも多いですね。

ではどんな衣装があるのでしょうか。

東京のフォトスタジオでレンタル可能な衣装の種類を見ていきましょう。

 

子どもがレンタル可能な衣装の種類

ではまず子どもの場合は、どんな衣装をレンタルすることができるのでしょうか。

子どもがフォトスタジオで写真を撮るケースとしては、生後1か月が目安のお宮参り、そしてお食い初め、節句や七五三、入学・卒業式、さらにバースデーフォトなどが挙げられます。

まずお宮参りは、和服からベビードレスのレンタルが可能で、首の座っていない赤ちゃん用の椅子が用意されていたりもします。

次にお食い初めは和装、洋装どちらも用意されていることが多いです。

そして節句や七五三は、和服を着る人も多いため、きちんと着付けやヘアセットも全てセットになったプランが用意されているところがあります。

入学・卒業式はスーツやワンピース等を自前で用意する家庭もありますが、袴などの和服やドレスを用意しているフォトスタジオがあります。

更にバースデーフォトは可愛いドレスや、かっこいいタキシードのほか、ちょっと変わった着ぐるみなど、子どもならではの可愛さを引き立てる衣装を用意しているところもあります。

このようにあらゆる行事に対して、和装、洋装どちらも用意されていて、ヘアメイクなどもプランとして用意されているフォトスタジオが多くあります。

 

大人がレンタル可能な衣装の種類

大人になっても、成人式やウェディング、マタニティ等、様々な場面で写真を撮る機会がありますね。

成人式では他の人とかぶらないような多くの柄振袖が用意されているケースが多いです。

ウェディングドレスの場合、ベーシックなデザインから、本番当日に着用するものとはまた一味違った個性的なドレスを用意している場合もあり、思い切ったデザインで印象に残る写真が撮れるのが魅力で、また和装もあります。

マタニティですと大きくなったお腹が可愛らしく映えるようなドレスがあります。

お腹にペイントをしてくれる場合もあります。

他にも、還暦の記念として、赤いちゃんちゃんこをレンタルできたり、生前記念写真として、遺影用の写真を残すために着物をレンタルできたりもします。

もちろん、バッグや足袋などの小物もセットでレンタルできます。

 

フォトスタジオによってレンタル可能な衣装は異なる

1つのフォトスタジオが全て用意しているケースはほとんどなく、そのフォトスタジオによって得意とする撮影スタイルは異なってきます。

例えば、子どもの写真を得意とする場合は、基本的には子どもの衣装を専門に揃えており、大人に関しては衣装が無い、というケースは決して珍しくありません。

マタニティドレスは子ども関連として揃えているところもあります。

しかし、大人のドレスや着物などは、専門のフォトスタジオでしかレンタルできないことがほとんどです。

また、着物は着物でも、振袖しか取り扱っていない場合もあります。

また、着物は取り扱っていても、ウェディングドレスは取り扱っていないところもあります。

そのため、どんな衣装を着てどんな写真を撮りたいか、あらかじめ決めてから選ぶようにしましょう。

 

自前で用意するのも良いですが、着物やドレスは準備が大変な上に、どうしてもお金がかかってしまうものです。

そこでレンタルを利用することで、購入した場合より費用を抑えることが可能になります。

また更に、自前で用意するのとはまた一味違う、思い切ったデザインのものを着るチャンスにもなります。

レンタル衣装で、素敵な思い出を残しましょう。