Skip to content
公開日:2021/01/01  最終更新日:2020/12/18

成人式前撮りは手ぶらでも大丈夫?


成人式には振り袖姿でいつもと違う装いをしようと考えている方も多いでしょう。当日は何かと忙しいので、成人式前撮りをする方も増えています。余裕がある状態で撮影ができるのできれいな写真を残しやすいですし、成人式のシミュレーションにもなります。手ぶらでも大丈夫かなど、東京で成人式前撮りをするときのポイントについてみていきましょう。

手軽に済ませたいならレンタルがおすすめ

自分で購入した振袖で成人式に出たい、前撮りをしたい、と思う方もいるでしょう。しかし、その場合には着物をはじめとして多くのものが必要となってきます。着物や帯のほか、身に着けるための下着やタオルなど細かいものなどを持っていくことも必要です。

ヘアアクセサリーや草履などもそろえる必要が出てきますから、かなり大きな荷物となるでしょう。着付けとヘアメイクをし、撮影場所へと移動するのも大変です。その点、レンタルできるなら自分で用意するものが少なくなります。

着物のほか、必要なものをすべて借りることができれば手ぶらで向かうことも可能になるのです。思いのこもった着物を身に着けたいなどという理由がないのであれば、レンタルにしておくとよいです。購入すると今後その着物を着ることが決まってしまいますが、レンタルならばほかの機会に着物を身に着けるときには、また違うものを選んでレンタルすることもできるので、着物の楽しみ方も広がります。

レンタル店によく確認する

東京の着物レンタル店はたくさんあります。お店ごとにできることが異なりますので、利用する前に充分確認をしておくようにしましょう。小物などもすべて借りることができるところなら手ぶらでの成人式前撮りが可能になります。

また、その場で着付けやメイクをしてもらえるかどうか、撮影スタジオなどが完備されているかどうかなども優先的に見ておくべき所です。すべてクリアできれば手ぶらでの成人式前撮りが可能になります。東京にあるたくさんのお店の中から選ぶときにはこうした点についてもしっかり見ておきましょう。

持ち歩く荷物が多くなると、車などがない場合には移動が難しくなりますので、重要なポイントです。着物を着つけてからの移動が多くなると余計に大変になります。成人式前撮りができるスタジオが併設されていたり、近くでロケーション撮影ができたりするところを選んでいくと撮影がしやすくなり、思いどおりの写真を残しやすくなるでしょう。

プラスアルファのアイテムを考える

東京では手ぶらで成人式前撮りができるところはたくさんあります。しかし、場合によっては自分のこだわりを反映させたいと考える方もいるでしょう。髪飾りや草履などワンポイントだけ自分の持ち物を使いたいというケースもあります。そのような場合もまずお店に相談していく必要があるのです。

自分の持ち物が持ち込めないところもありますから、そういった点はしっかり確認しておくことが満足のいく前撮りをするコツといえます。持ち込める場合にはどのように運ぶかも考えておきましょう。着物用のアクセサリーなどはデリケートなものも多いので、形を崩さないように、破損しないように運ぶことが必要です。

持ち帰ることも考えて安全に運べる入れ物を用意しておきましょう。片付ける際に自分のものが混ざらないように、チェックすべきものを紙などにまとめておくと間違いを防げます。ぜひ細かいことにもこだわって、自分らしい成人式前撮りを実現させていくようにしたいものです。

 

成人式は一生に一度の大切な節目でもあります。後悔しない成人式写真が残せるように、お店選びなどから準備を進めていきましょう。手ぶらで行けるようなお店もあるので、そういったところを選ぶと手軽に撮影が進められます。