Skip to content
公開日:2021/08/15  最終更新日:2021/08/24

百日写真はいつ頃撮影するのがおすすめ?適切なタイミングを見極めよう!


百日写真とは、生後100日に行われるお食い初めの頃に撮影する記念写真です。百日写真はいつ頃撮るのがよいのか、適切なタイミングはあるのか、わからないことも多いのではないでしょうか。本記事では、百日写真を撮影するおすすめのタイミングや、適切な時期が過ぎても撮影が可能かどうか、フォトスタジオ選びのポイントについて解説します。

百日写真はいつ頃撮影するのがおすすめ?

百日写真とは、生後100日に行われるお食い初めの時期に撮影する記念写真のことです。また、地域によって生後30日頃、神社に参拝するお宮参りの時に撮影する場合もあります。しかし、生後100日前後になると赤ちゃんの表情も豊かになり、首も座り始める時期になります。

したがって、生後100日前後のタイミングは撮影しやすく、赤ちゃんの表情豊かな写真を残すことができるタイミングだといえます。具体的には生後100日〜120日前後が百日写真を撮影するのにおすすめのタイミングです。あまりにも早いタイミングでの撮影は、首や腰が座っておらず椅子に座っての撮影ができないためおすすめできません。

また、撮影の時期が遅すぎると人見知りが始まり、撮影中に泣いてしまう場合があります。しかし、家庭環境や赤ちゃんの成長スピードはそれぞれ異なります。そのため、撮影のタイミングが多少前後しても問題ありません。

百日写真は適切な時期を過ぎても撮影できる?

百日写真という名前がついているため、撮影ができる時期が限られていると考えている方も少なくありません。もちろん、百日祝いは生後100日頃に行うことが多い行事です。しかし、地域によって110日や120日など、日数が異なることがあります。自分が暮らす地域ではどのような決まりがあるのか確認しておくことをおすすめします。

一方、百日祝いの撮影やお祝いを決められた日に必ずしなければならない、というわけではありません。もし、家庭の都合により撮影日が前後する場合はフォトスタジオに撮影日を相談することをおすすめします。また、家庭の都合で百日祝いの撮影が前後してしまう場合は、赤ちゃんの発育状態も気にかけておくことが大切です。

前述しましたが、時期が早すぎると首や腰が座っておらず、イスに座って撮影を行うことができない場合があります。また、撮影の時期が遅すぎると人見知りが始まって撮影中に泣き出すことも考えられます。もし、「百日祝いの撮影がうまく撮れなかった」という場合は、ハーフバースデーで撮影を行うこともおすすめです。

百日写真を撮影するフォトスタジオ選びのポイント

プラン内容・料金

プランの内容と金額は必ず確認するべきポイントです。撮影の内容と金額で、どの位の写真の量が残せるのかというポイントを確認しておく必要があります。一般的な写真館は、写真を選んだだけで高額になっていくというケースも少なくありません。

また、最近ではアルバムでの写真だけでなく撮影データが受け取れるものもあり、非常に人気があるプランです。データを受け取ることができれば、SNSに投稿したり、自分のお気に入りの写真だけを集めてアルバムにできたり、工夫次第で活用方法はさまざまです。また、データの受け渡し方法や保存期間、どのような端末でダウンロードできるのかなどを確認しておくと安心です。

写真のクオリティ

フォトスタジオによって得意としている撮影の雰囲気や写真のクオリティが異なります。また、そもそもフォトスタジオのスタジオの雰囲気が好みでなければ、どんなに写真のクオリティが高くても満足のできる写真を残すことができません。そこで、フォトスタジオ選びを行う際は、ホームページを確認することをおすすめします。ホームページを確認することによって、スタジオの雰囲気や写真のクオリティを確認できます。

衣装

フォトスタジオで撮影を行う際は撮影の衣装をレンタルするケースが多くあります。プランの内容にどのような衣装が含まれているのか、何着まで撮影プランに入っているのかを確認します。また、自前で衣装を用意したい場合は、持ち込み可能かどうかということも確認しておくと安心です。

まとめ

今回は、百日写真を撮影するタイミングや時期を説明しました。一般的には生後100~120日頃に写真撮影を行いますが、家庭の都合や赤ちゃんの発育に合わせて前後することも可能です。また百日写真の撮影をフォトスタジオで行う場合は、プラン内容や料金、写真のクオリティ、衣装などを事前に確認してから依頼することが大切です。