Skip to content
公開日:2022/12/01  最終更新日:2022/10/14

注目を集めているセルフ写真館とは?フォトスタジオとの違いを解説!


今注目を集めているフォトスタジオの一種に、セルフ写真館があります。「セルフ写真館という言葉を聞いたことがあるけれど、具体的に何をする場所なのか分からない」という方もいるでしょう。セルフ写真館はフォトスタジオは何が違うのか、それぞれの違いや東京にあるセルフ写真館についてご紹介します。

セルフ写真館とは

セルフ写真館は韓国発祥のサービスで、東京を中心に店舗が拡大している写真館です。フォトスタジオと違いカメラマンがおらず、自分達のタイミングでカメラのシャッターを切り撮影を行います。セルフ写真館はカップルに利用されることが多く、プリクラ感覚で訪れる方も少なくありません。プリクラよりも画質がよく、特別な思い出を作れるのがセルフ写真館なので、記念日などイベントのタイミングで訪れるのもよいでしょう。

カメラマンに頼むほどではないけれど、特別な時間を写真に収めたい、そんなタイミングにこそ使いたい写真館です。セルフ写真館では普通のカラー写真はもちろんですが、とくに人気なのがモノクロ写真の撮影になります。あえてのモノクロで写真を撮ることで趣のある写真が撮れるので、特別感を出したいときや、自然なテイストの写真を撮りたいときにもぴったりです。

一般的なフォトスタジオとの違い

セルフ写真館と一般的なフォトスタジオにはいくつか違いがあります。まず、スタッフの有無です。セルフ写真館はカメラマンだけではなく、ヘアメイクのスタッフなども居らず自分達だけで撮影を行います。人が居ないからこそ運営コストを削減でき、よりコスパよく想い出を残せます。フォトスタジオの場合はお金がかかりますがその分、プロのカメラマンやヘアメイクスタッフなどが在籍しているケースも多いため、大きな違いといえるでしょう。

次に撮影時間です。セルフ写真館の場合は利用コース、プランによっても撮影時間が大きく異なるものの、平均撮影時間は15分~30分前後、データもダウンロードしてゲットするのが主流という点が、一般的なフォトスタジオと大きく異なる点でしょう。このようにセルフ写真館と一般的なフォトスタジオではいろいろな差があります。自分達で撮るのが得意で、プリクラや証明写真も得意な方、自分達しか居ない環境でリラックスして撮影に臨みたい方にぴったりです。

東京にあるセルフ写真館

セルフ写真館は東京を中心に数多く展開しています。ここからは東京にあるセルフ写真館をいくつかご紹介します。

まずはセルフ写真館GENICBOOTH渋谷店です。基本料金は1名1,900円(税込)で、2名だと3,800円(税込)と非常にリーズナブルに撮影できます。15分間撮り放題サービス、モノクロ写真10枚をダウンロード可能、印刷写真もゲットできます。渋谷駅から徒歩5分というアクセスのよさも魅力です。

次におすすめなのがOriginal self photostudio原宿店です。基本料金1名15分1,500円(税込)という非常にリーズナブルな価格で、撮影したデータをすべて受け取れる上に、カラーモノクロ選択可能、プラス料金を支払えば両方ゲットできます。

隠れ家のような雰囲気の写真を撮影できるセルフ写真館が、スタジオセルフィア中目黒です。各種プランを用意しており、ベーシックプランは15分2名まで3,500円(税込)となっています。モノクロ&カラー撮影すべてのデータを受け取れるのも魅力です。

まとめ

より気軽に写真を撮れるセルフ写真館。自分達だけでリラックスした状態で思い出の写真撮影ができるため「フォトスタジオに行くほどじゃないけれどプリクラじゃ簡易的過ぎる」と悩んだときには、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。味わい深い思い出の写真を残したい方、写真撮影の楽しい思い出を残したい方におすすめのスポットです。