Skip to content
公開日:2020/12/01  最終更新日:2020/11/17

成人式前撮りでよくある後悔とは

一生の記念として残すために、東京で成人式前撮りを行う人は増えています。写真を残すことができれば将来振り返っていろいろな人と話をすることもできますし、自分で過去を整理するのにも役立ちます。 将来子どもに見せてあげることできるので、家族みんなで盛り上がるでしょう。ただ、慣れないために失敗し後悔している人も少なくありません。

衣装のことで両親と意見が食い違う

成人式前撮り写真を東京で撮影した後の後悔としてよく挙げられるのが、女性の衣装についてです。親戚や両親が準備してくれた振袖を気に入らずに、一悶着あるという失敗談はたくさんあります。

振袖などはどちらかというと流行・廃りが少ない衣装ですが、それでも色や形が気に入らないという場面は出てきます。些細なことで喧嘩になってしまったり、辛辣な言葉を投げかけてしまって後悔に発展するケースは多いです。落ち着いて過去を振り返ったとき、成人としての振る舞いが正しかったかどうかを自問自答する人は意外とたくさんいます。

美しいと考えられる振袖や髪型・メイクは、世代によって差が出ます。華やかで可愛らしい衣装を身につけたいとイメージしている人ほど、古めかしい地味な着物はやぼったく感じて、撮影をした後で後悔するケースもしばしばです。長く残るものなので、失敗をすると後悔の念も強くなりがちです。

このような事態に陥らないためには、事前によく話し合うことが求められます。例えば、成人式前撮りでは自分の好きな衣装を選び、それとは別に家族写真を撮影する等の工夫があれば、丸く収まりやすいです。

メイクや髪型が気に入らない写真になった

成人式前撮りでの後悔としては、メイクや髪型がイメージ通りにならず、写真を見るのがあまり楽しくないというケースも多いです。せっかく東京で撮影をしても、あまり写真を見る機会がないというのは悲しいです。

前撮りを依頼するときには、普段自分が使っているヘアーサロンではなく、お金を出してくれる母親が利用している美容院に頼んだという人は意外と少なくありません。そこでうまくコミュニケーションを取ることができず、後悔しているパターンも多いです。20歳になっての成人式前撮りとは言え、気持ちも見た目も若々しくありたいと考える人がほとんどで、少し年齢の高そうな仕上がりになると、納得がいかない人も多くなります。

着付けをする美容師さん達は比較的高齢の技術者が多く、昔からのお決まりパターンになるケースも目立ちます。それが心配だったら、事前にどのような仕上がりになるのか写真を見せてもらったり、こうしてほしいというイメージを持ち込んでおくのも有効です。

お金を節約することばかり考えて残念な写真に

東京で成人式前撮りをしようと考えると、当然ですが費用がかかります。せっかくの機会なので出し惜しみなく採算度外視という人も中にはいますが、少しでも安くしたいと考えるのは自然な発想です。しかし、あまり出費を抑えることばかり考えていると、後々後悔することになりかねません。

いろいろな写真を撮影するのには、その分費用が発生しますしオプション扱いになっていることも多いです。もっとこんなシーンで撮影もしておけばよかったとか、メイクにも時間とお金をかけるべきだったなどと後から考えても、やり直しはできません。予算とやりたいことのバランスをとっていくことが重要なので、事前のシミュレーションは大事です。

その日に行ってただ撮影をするのではなく、実際に成人式前撮りの写真を撮る前にできれば店を訪れて、細かく打ち合わせをすればリスクを回避できます。その際には、どこまでが通常料金でどこからがオプションなのかなども細かく話をするために、頭に描くイメージを具体化しておくと良いです。

 

成人式前撮りを東京でするときの失敗談・後悔は意外とたくさんあります。良い写真を長く残すためには、事前のイメージをできるだけ細くして、それをスタジオや家族等と共有することがカギです。なんとなく行って撮影をするのではなく、過去の失敗談や口コミなどにも耳を傾けて準備することで、後悔をするようなリスクを回避できます。